性に関するコラム

オナニーをするとニキビができるのはなぜ?関係性と原因を詳しく紐解きます。

オナニーをするとニキビができるのはなぜ?関係性と原因を詳しく紐解きます。

「オナニーをするとニキビができるのはなぜ?」
「オナニーしたいけれど、ニキビができるのが心配…」

こんな疑問やお悩みをお持ちの方も多いはず。

今回はオナニーとニキビの関連性について紐解いていきます。
オナニーをするとニキビができやすいと感じる人はチェックしておきましょう。

オナニーはニキビができる原因ではない!

結論から言うと、一概に「オナニー=ニキビの原因」とはなりません。
オナニーでニキビができやすくなるのは、射精すると体内で大量に分泌される男性ホルモンが関係しています。

射精をする前に徐々に男性ホルモンであるテストステロンが上昇し、射精時をピークにして下降するということがわかったのです。
(中略)つまり、射精をすることで、男性ホルモンが増加するということがわかります。

引用:射精は体にいい?-ヨミドクター

本来男性ホルモンは、私たちの健康維持に欠かせません。
しかしオナニーをする時間や生活習慣によって、分泌される男性ホルモンに異常が起きてしまうんですよね。

その結果、ニキビができやすくなるワケです。

それでは詳しくオナニーとニキビの関係について紐解いていきましょう。

オナニーとニキビの関係性とは?オナニーで起こるカラダの変化

オナニーをする時間や生活習慣によって、3つのリスクがあります。

★オナニーによる体への影響

  1. 亜鉛が不足する
  2. 睡眠の質が下がる
  3. 皮脂の分泌が増える

これら3つは、ニキビができやすくなる要因になります。
しっかりチェックしましょう。

1.亜鉛が不足する

射精すると体外に放出される精液には、亜鉛が含まれています。
そのためオナニーすれば、体内で亜鉛が不足するリスクがあるんです。

そもそも亜鉛は、肌細胞の新陳代謝を促す大切な栄養素。

亜鉛には新陳代謝やエネルギー代謝、免疫反応など、体内のさまざまな働きをサポートして正常に保つ役目を持っています。

引用:亜鉛の効果・効能。男性にも女性にもメリットがたくさん!-POWER PRODUCTION

食事やサプリから摂取した亜鉛は、体内に蓄積され必要時に使われる仕組みになっています。
肌トラブルを防止するためにも使われています。

しかしオナニーをすれば、体内の亜鉛が放出。
加えて日頃から亜鉛を摂取しないと、体内の亜鉛はほとんどなくなってしまうんですよね。

つまり、

  • 日頃から亜鉛を摂取しない食生活
  • オナニーで亜鉛を放出

この2つの条件が重なると、ニキビができやすいということ。

コンビニ弁当やインスタント食品など、偏った食生活をしている人は亜鉛不足が考えられますよ。

2.睡眠の質を下げる

就寝前のオナニーは、睡眠の質を低下させてニキビができやすくなります。

私たちの肌細胞は、寝ている間に修復されます。
そのため睡眠の質が下がると、肌サイクルが十分に行われなくなってしまうんですよね。

オナニーで睡眠の質が下がるのは、射精後に「コルチゾール」という興奮ホルモンが分泌されるから。

コルチゾールは、不眠症などの原因になるホルモンで睡眠の質を低下させます。

コルチゾールの分泌が慢性的に高くなると、うつ病、不眠症などの精神疾患、生活習慣病などのストレス関連疾患が疑われると言えます。

引用:ヤクルト中央研究所

要するに寝る前にオナニーをすれば、脳が興奮状態になり睡眠の質が低下してしまうということ。

結果、肌サイクルが十分に働かずニキビができやすくなるワケです。

※オナニーは、翌朝の目覚めに大きな影響を及ぼします。
「寝たのに疲れてる感じが残ってる…」というのはもしかしたら夜のオナニーのせいかもしれないんですよね。

こちらの記事ではオナニーが次の日にもたらす影響について解説しています。
ぜひ併せてチェックしてみてください。

3.皮脂の分泌が増える

オナニーすると、ニキビの原因になりやすい皮脂の分泌が多くなるリスクがあります。

皮脂の分泌は、悪性の男性ホルモンと言われる「ジヒドロテストステロン」の発生が関係しています。

男性の場合は悪性男性ホルモンとも言われるジヒドロテストステロンの影響で皮脂の過剰分泌を招きます。過剰となった皮脂は顎周辺の毛穴を詰まらせて、やがて顎にきびが発生する原因となります。

引用:しつこく何度もぶりかえす顎にきびの原因は何?|livedoor NEWS

本来、射精時に発生するのは「テストステロン」という良性の男性ホルモンです。
しかし疲れている時にオナニーをすると、テストステロンがサビてしまうんですよね。

その原因となるのが、疲労によって体内に溜まる活性酸素です。

オナニーで大量に分泌される男性ホルモンが、活性酸素の影響を受けて酸化
すると「ジヒドロテストステロン」が発生して、ニキビができやすくなるワケです。

つまり、

  • 肉体的・精神的に疲れが溜まってる
  • オナニーをする

この2つの条件が重なると、ニキビができやすくなるということ。

「リラックスできるから…」

と疲労時にオナニーする人は多いと思いますが、肌のことを考えるとオススメできません。

この4つを守ればオナニーしてもニキビはできない

性欲は三大欲求の一つであるため、生活の中からオナニーを奪い取るのはキビシイのが現実。

なのでここで、ニキビのできにくいオナニーの方法を伝授します。

ニキビを防ぐためには、以下4つのポイントを守ることが大切です。

  1. オナニーは正しい頻度で行う
  2. オナニー後は肌を清潔に保つ
  3. オナニーで失った亜鉛を補う
  4. オナニーで睡眠を妨げない

どれか一つでも疎かにしてしまうと、ニキビができる確率が高くなってしまいます。

オナニーはほどほどに行う

ニキビ予防策の一つとしてあるのが、オナニーを「ほどほどに行う」ということ。

体調が好ましくないのに無理にオナニーをすれば、当然ニキビができやすくなります。
自分の体調や生活習慣に適した頻度でオナニーをしましょう。

もちろん人それぞれ適した頻度がありますが、オススメなのは8日に1回のオナニー

7日間のオナ禁で、テストステロンの分泌量が上がるという研究結果がでています。

「オナ禁」6 日目までは ほとんどテストステロン濃度は変化していないが、7 日目に急激に146%に増加していることが分かる。

引用:オナ禁の科学

射精するとまたテストステロンが分泌されるので、

  • 7日間のオナ禁でテストステロンを増やす
  • 8日目のオナニーでテストステロンを増やす

この周期でオナニーをすれば、テストステロンを効率よく分泌させることができるんですよね。

そうすれば、ニキビができにくくなるだけでなく様々なメリットが期待できますよ。

※「オナニーをほどほどに行う」ことはオナニー依存症の予防にもつながります。
依存症に陥ると、私生活に様々な悪影響が生じるんですよね。

実際のオナニー依存症の人の体験談が気になる人は、関連記事もチェックしてみてください。

オナニー後は肌を清潔に保つ

オナニー後の肌を清潔にすれば、ニキビの発生を防ぐことができます。

というのも、オナニー後のニキビができる要因として皮脂の過剰分泌があるから。
分泌された皮脂を綺麗に洗い流すことで、アクネ菌の増殖を抑えることができます。

毛穴に皮脂と垢がつき、さらに皮膚の常在菌であるアクネ菌(にきび菌)が混ざって炎症を起こして、赤みや膿をもつ、痛みがあるなどの症状が生じます。

引用:Yanaga CLinic

皮脂を放っておくと、ニキビができやすくなります。

なのでオナニーの後は、入念に洗顔とスキンケアをしましょう。

オナニーで失った亜鉛を補う

オナニーで失う亜鉛を、普段から積極的に摂取してニキビを予防しましょう。

亜鉛は、肌だけでなく骨・腎臓・肝臓など多くの器官で必要とされる成分
オナニーで亜鉛不足にならないよう、継続的に毎日摂取してください。

★亜鉛を継続的に摂取する2つの方法

  • 食べ物から摂取する
  • サプリメントから摂取する

亜鉛は、牡蠣や豚レバーに多く含まれます。
しかし毎日の献立に取り入れるには、少し難しい食材ですよね。

継続的に亜鉛を摂取するなら断然サプリメントがオススメです。

また【亜鉛摂取に特化したサプリ】もいいですが、射精でなくなるのは亜鉛だけではありません

オタマジャクシのような形をした精子の頭の部分にはアクロソーム(先体)と呼ばれる袋状の小さな細胞小器官があり、ここに含まれる様々なタンパク質は卵子との融合など受精に重要な役割を果している。

引用:精子頭部の正常な形成に重要なタンパク質を発見-つくばサイエンスニュース

亜鉛だけでなくタンパク質も含む男性向けサプリメントを継続的に摂取するのがオススメですよ。

亜鉛とタンパク質を効率よく摂取したいあなたへ。

ヴォルスタービヨンドブラストには、良質なタンパク質で作られた特許成分「アミノシール」が含まれています。

そんなアミノシールに加えて、ヴォルスタービヨンドブラストはタンパク質の原料となるアミノ酸も豊富
もちろん亜鉛も、1日の目安摂取量を超える12mgを手軽に摂取できるんです。

亜鉛とタンパク質を効率よく摂取したいあなたにオススメのサプリメントですよ。

さらにVolstarブランドの公式LINEをお友達追加していただくと、1,000円OFFクーポンを全員に配信しています。

その他LINE@では、お友達追加するだけで様々なサービスが受けられるんですよね。

  • 追加者全員に1,000円OFFクーポンをプレゼント
  • 男を磨くコンテンツの配信
  • オトクなキャンペーン情報をいち早く配信
  • 疑問・お悩みの問い合わせにいつでもご対応
  • Volstarブランドの商品の注文・返金をトークで簡単手続き

 

この機会にぜひ、Volstarブランドの公式LINEをお友達追加してくださいね。

友だち追加

オナニーで睡眠を妨げない

寝る前のオナニーをやめれば、睡眠の質が高まりニキビができにくくなります。

ニキビは睡眠と密接な関係にあるため、オナニーよって睡眠不足睡眠の質を下げないことが大切です。

睡眠の質を下げないために、オナニーは朝にするのがオススメ

先ほども記述しましたが、オナニーをするとコルチゾールという興奮ホルモンが分泌されます。

朝オナニーをすれば、ニキビ予防だけでなく朝からスッキリでき活動的な1日を送れますよ。

オナニーをするとニキビができるのは間違い!

オナニーは、ニキビができる直接的な要因ではありません。

しかしオナニーをする時間や生活習慣によって、ニキビができやすくなってしまうんですよね。

生活習慣を見直せば、オナニーによるニキビを予防することができます。

★オナニーをする際、押さえておきたい4つのポイント

  1. 正しい頻度で行う
  2. 肌を清潔に保つ
  3. 失った亜鉛を補う
  4. 睡眠を妨げない

もし「オナニーするとニキビができる気がする…」とお悩みの方は、これらのポイントを意識してみましょう。

それぞれを改善することで、ニキビが気にならないオナニーライフを送れること間違いなしです。

ABOUT ME
荻澤一平
荻澤一平
1992年東京生まれ。 大学受験に失敗し自暴自棄になり、3年半ほど隠居生活を送る。 趣味は誰にも見せることのない手品研究と、官能小説の執筆。 官能小説の参考資料を探している時にたまたまVOLSTANISHを見つけ、自ら編集部入りを志願。 自筆の官能小説を編集長から高く評価され、そのままVOLSTANISH編集メンバーとなった。